英語ぺらぺら君中級編は学習しやすい内容

英語ぺらぺら君中級編は学習しやすい内容

英語ぺらぺら君中級編で勉強していれば外国人に話しかけられても対応できる

 

英語ぺらぺら君中級編で勉強していると突然外国人に話しかけられたとしても

 

しっかりとヒアリングして英語で答えて対応する事が出来るようになります。

 

この英語ぺらぺら君中級編の教材の一部で、外国人を観光案内するという場面があります。

 

そんなときの英語の表現や会話の流れも学ぶことができるので、

 

突然こっちで話しかけられるようなことがあっても即座に対応することができるようになります。

 

おどおどとするのではなく、スマートな対応ができるというのは、

 

傍から見てもかっこいいものですよね。そして観光案内にとどまらず

 

的確な道案内もすることができるようになるでしょう。突然道を聞かれても、

 

丁寧に道を教えることができるように、あるパターン認識法を使うのです。

 

そうすれば、せっかくあなたに道を訪ねてくれた外国人に気持ちよく

 

日本を楽しんでもらう事ができるので案内をしていても上手に伝える事ができます。

 

しかも、ネイティブと話している時だけに限らないのですが、相手の話が長かったり、疲れたり、

 

ちょっと面倒臭かったり、避けたい話題だったりした時にその話を変えるテクニックも収録しています。

 

相手に嫌な気分を味あわせずに会話の内容を変える魔法のフレーズを

 

英語ぺらぺら君中級編で教えてくれるのです。これは多くの人必見の内容になっています。

 

英語ぺらぺら君中級編のパターンの学び方はわかりやすい

 

中学校高校の授業や、英会話の教材や参考書では非常に多くの文法用語がでてきますよね。

 

主語、動詞、形容詞、複数形、接続詞、過去完了、関係代名詞、現在完了形、前置詞などなど。

 

今上げた例の5、6倍は文法用語ができますよね。

 

これらの文法用語は英会話の上達には関係がありません。

 

英会話を話すためにそういったことを学ぶ時間は、無駄は時間になってしまうのです。

 

ネイティブはそういった文法の知識はないですよね?それに私たちも話す時に、

 

いちいち文法を気にして会話はしていないはずです。

 

その代わりにネイティブはパターンを認識しているのです。

 

例えば「私の家族は宝石店を〇〇」という文があった時に、

 

〇〇の部分には「経営する、経営している、経営し続けている」の3つを当てはめることができます。

 

つまりその〇〇のパターンを変えるだけで三つの文が出来上がるのです。

 

つまり文法用語やなんかをしらなくても、このように少しずつ言い回すことが出来てたくさんの

 

表現を覚えられるようになるので、自分の覚えている文章に部分的にパターンを変えることができれば

 

様々な会話ができるようになるのです。英語ぺらぺら君中級編ではそういうことを学ぶことができます。

 

一人でも上達する英語ぺらぺら君中級編は学習しやすい内容です

 

英会話をマスターするのに、英会話ができる人、つまり外国人の友人が必要だったりしゃべる機会が

 

無いと練習にならないと思われるかもしれませんが、石井あきらの英語ぺらぺら君中級編では

 

音声ナレーションが質問をしてくるので、実際に会話をするような感じで答えればきちんと練習になります。英語を話すスキルを習得する30日間英会話の特徴を書いています。

 

友人をつくるのは、しっかりと英会話をこれでマスターしてからでも問題は無いのです。

 

そして万が一、外国人の旅行者やなんかにとっさに話しかけられることがあったとしても、

 

しっかりと答えられるようになるでしょう。そのためのトレーニングがあるので答えられるようになるのです。

 

教材の音声はストーリー形式で進むのですが、ひとりで海外に友人に会いに行くというストーリーなので、

 

海外旅行に対するものも多く、ひとりで海外旅行にいくこともできるようになるでしょう。

 

友人やアプリ、ジェスチャーに頼りっぱなしではなくなるので、

 

今までの何倍も楽しく旅行をすることかできるようになるでしょう。英語の音声を聞き英会話を学べるスピーキングパワーのシャドーイングもあるので参考になります。海外旅行をするための1歩目として、

 

まずは英語ぺらぺら君中級編をはじめてみると学習しやすさがわかります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ